大阪では中古住宅購入してリフォームをする方法が人気を集めている

きれいになった町

大阪で中古住宅のフルリフォームが人気の理由

椅子のイラスト

最近大阪では中古住宅を購入してリフォームして住むといことが人気です。「フルリフォームをするぐらいなら、中古住宅を壊して更地にしてから新築マイホームを建てる方が良くない?」と、思う人もいるでしょう。しかし、中古住宅をフルリフォームする方がメリットがあるので、そちらの撰択をしている人もいるのです。
たとえば、固定資産税に関してです。新築でマイホームにかかる固定資産税と、中古住宅をフルリフォームしたマイホームにかかる固定資産税とでは、後者の方が圧倒的にお安いのです。見た目はどちらも「新築」、そして住宅設備はどちらも同じものを入れていたとしても、中古住宅をフルリフォームした一戸建て住宅にかかる固定資産税の方がお安いですからね。
大阪では築年数が建て替えるほどには古くはなく、一度リフォームをするなどして耐震性の面においてもさほど問題がない中古住宅も今では結構出ていますから人気なのでしょう。定年退職後にマイホームをリフォームしたものの、それほど住まずに退居することとなる家庭も意外と多く、そういった事情の一戸建て住宅が驚くほどの低価格で売りに出されていたりしますからね。そして最近のリフォーム技術の向上ですから。
ですから最近大阪では新築にこだわることなく、中古住宅をリフォームする方を選ぶ家庭も増えていおり人気を集めているのです。

子供部屋を中心としたリフォーム

私は主人と二人の子供を持つ大阪在住の主婦です。大阪の自分の実家を人気の二世帯住宅として作り直し生活をしています。子供2人が生まれ下の子は幼稚園に入り楽しい日々を過ごしています。二世帯住宅を作った際は大人の生活空間を広くリビングを中心な部屋を考えて作りました。子供は男の子2人という事もあり、最近このリビングを子供部屋中心の間取りにできないかと考えるようになりました。
そのようないきさつあり、建てたばかりに近い二世帯住宅ですがリフォームを考えるようになりました。友人の家をいろいろと回りステキなところ、真似をしてみたいところ、いま人気を集めているところ、自分はどんな間取りが理想なのかをいろいろと考えた結果、やはり今は子供中心の間取りになるようにリビング、子供部屋をリフォームしたいと思うようになりました。
子供は今は二人で仲良く遊んでいますが、年頃になると一緒にいることが嫌になることもあるだろうと思います。どのような間取りがよいのか。今は広く将来は分かれるような間取りがよいのではないか。と考えるようになりました。
実際には2対3の割合でリビングの方が広かったものを逆の割合で子供部屋を多くとり、子供部屋には勉強机を取り付けました。将来は二つに分かれた部屋にできるよう大阪で人気があると聞いた扉を二つと可動式の壁を設置しました。今子供は広いスペースで遊ぶことができ、将来的には個室にできるという子供が喜ぶ間取りが完成しました。私も子供がこれだけ喜べばとても満足です。2度手間となりましたがよい経験となりました。

お部屋を「塗り壁」でオリジナル空間に

大阪の戸建て住宅やマンションのお部屋内では、ほとんどが「ビニールクロス張りの壁や天井」です。
そんなクロスが人気の理由は、色やデザインが豊富、施工も簡単な点です。また、お手頃な値段でクロスの張り替えが出来ます。ですが、年数が経ってくると、クロスの色が褪せてきます。また、継ぎ目部分が剥がれてくる事もあり、当然、見た目も古さを感じます。そして、何と言ってもその空間に飽きてくるのです。再びクロスで張り替えるのが一般的ですが、大阪では壁や天井の内装リフォームのオリジナルな提案として「塗り壁リフォーム」というのも人気です。部屋の壁と天井の全てに「塗り壁リフォーム」をするには、施工価格も高くなります。ですので、天井だけ「漆喰や珪藻土」などの塗り壁でリフォームするのです。
例えば、クロス張りの子供部屋。少し遊び心を入れるのなら「天井を濃い青色の珪藻土でリフォーム」すると面白いです。天井がまるで、宇宙のイメージになり、子供さんも喜ぶでしょう。珪藻土には、色が豊富なデザイン重視のもの、自然素材成分の健康重視の珪藻土と、種類が様々ですが、色が豊富な珪藻土は、比較的安価ですので、施工しやすいでしょう。
さて、塗り壁施工は「左官職人」しか出来ない高度な技術です。大阪のリフォーム店での施工に、コスト的に厳しい時は左官専門店に問い合わせて、直接塗り替えてもらうというのも人気となっています。


オリジナル感も出ている素敵な部屋にリフォームしたいなら大阪リフォーム人気にお願いしてみましょう。大阪には人気のあるリフォーム業者がいくつかありますが、ここはクライアントの意向を最大限に反映したリフォームを行ってくれるのが特徴です。それによってオリジナル感のある部屋へのリフォームが可能となるので、そこに魅力を感じる方は相談をしてみるといいでしょう。

NEW ARTICLE

  • リフォーム中の追加工事の際に注意すること

    リフォームをしていてトラブルになりやすいのはどのような状況でしょうか。多い状況の一つがリフォー…

    »詳しく見る

  • 満足の行く玄関リフォームを行うためのポイント

    満足の行く玄関リフォームを実現するためには、次の3つのポイントを押さえた施工をすることがおすす…

    »詳しく見る

  • 子供達から両親へ、恩返しリフォーム

    私の実家は4LDKの分譲マンションで、もともとは家族8人で暮らしていました。すでに5人が結婚し…

    »詳しく見る

  • リフォーム市場のこれからの伸びについて

    いつのまにか、住宅展示場も新築の物件を見せることだけではなく、リフォームを中心とした見せ方に変…

    »詳しく見る