大阪では中古住宅購入してリフォームをする方法が人気を集めている

きれいになった町

リフォーム中の追加工事の際に注意すること

リフォームをしていてトラブルになりやすいのはどのような状況でしょうか。多い状況の一つがリフォーム中に追加工事が発生した場合、または当初の設計から変更した場合です。どちらも十分なコミュニケーションがとれずに誤解が生じてトラブルになってしまいます。では、どうすればこうした状況を避けることができるのでしょうか。
まずリフォーム中に追加工事が発生した場合について考えます。追加工事が発生した場合には必ず費用についての説明をしてもらうようにしましょう。ちょっとした工事であれば費用がかからずに、サービスでやってくれるかもしれませんが、中には工事してしまったあとで請求書が来る場合もあります。それで、事前に費用が発生するかどうかをしっかりと確認してからお願いするようにしましょう。
さらに、リフォーム中に当初の設計を変更しなければいけなくなった場合にはどうしたらいいでしょうか。業者によっては早く工事を終わらせたいので、施主に口頭で確認して施工を進める場合がありますが、決して口頭でのやりとりで工事を続けないようにしましょう。必ず書面で約束するようにしましょう。
このようにこうしたトラブルを回避する方法は書面でやりとりするということです。

NEW ARTICLE

  • リフォーム中の追加工事の際に注意すること

    リフォームをしていてトラブルになりやすいのはどのような状況でしょうか。多い状況の一つがリフォー…

    »詳しく見る

  • 満足の行く玄関リフォームを行うためのポイント

    満足の行く玄関リフォームを実現するためには、次の3つのポイントを押さえた施工をすることがおすす…

    »詳しく見る

  • 子供達から両親へ、恩返しリフォーム

    私の実家は4LDKの分譲マンションで、もともとは家族8人で暮らしていました。すでに5人が結婚し…

    »詳しく見る

  • リフォーム市場のこれからの伸びについて

    いつのまにか、住宅展示場も新築の物件を見せることだけではなく、リフォームを中心とした見せ方に変…

    »詳しく見る